コーチングスキルアップ研修

リーダーシップ、コーチング、コミュニケーション、事柄の整理、プレゼンテーションとアカウンタビリティ

新任係長等に対して監督者としての意識の啓発と指導監督能力の高度化を図る。また自らが負っている役割と使命について自己分析を行い、監督者としてあるべき行動を率先的に行い、部下社員を導く必要性の理解とその手法を習得させる。
進め方と特長
「講義」「個人ワーク」「グループディスカッション」「ロールプレイング」「発表」という様々な手法を組み合わせて実施します。知識・理論の習得よりできるだけ、受講者自身が自問自答し、他人の話を聴き、議論することを中心に進め、「新たな気づきと成長」を促す研修とします。
リーダー「意識・行動目標」(コミットメント)
プログラム
1.監督職としての意識の譲成と啓発
  • ・新任係長に求められる役割と責任
  • ・企業を取り巻く環境変化
  • ・私たちに求められる管理職としての行動
  • ・部下社員育成の必要性
  • ・コンプライアンスに基づく役職者倫理に対する認識と行動を組織にコミットする
  • ・コミュニケーションスタイルの変化
  • ・環境設定について(人との距離、威圧的な態度)
(講義)(ペア実習)
2.指導者の持つべきリーダーシップ
  • ・部下社員のやる気を引き出すコミュニケーションの実践
  • ・コミュニケーションを阻害するもの
  • ・自己を知り他者理解を深める
  • ・ロジカルシンキング
  • ・プレゼンテーションスキル
(講義)(個人ワーク)(グループディスカッション)(ロールプレイング)
3.部下の指導育成
  • ・人が育つ組織風土づくり
  • ・マネジメントスタイル
  • ・部下社員の潜在能力を引き出す
  • ・部下社員の動機付け
(講義)(個人ワーク)(グループディスカッション)
4.今日から使えるコーチングスキル
  • ・部下社員を効果的に導くための指導支援コーチング
  • ・3つの基本スキルとコーチングの構造
  • ・アクティブリスニング(完全に聴く)
  • ・アクノレッジメント(自己の信頼を高めるための承認とは)
  • ・社員の能力を引き出すための効果的な質問
(講義)(実践ロールプレイング)