財務諸表(中級)
期間1日間
人数24名
目的効果
決算書に表わされる数値はコクピットにあるメーターの数字のようなものでありこれは全社で正確に把握することが目的地まで正しく操縦し到達することにつながります。
今回は管理監督者の方々を対象とした会計の基本を含めた決算書の読み方について学んでいただきます。
担当講師
企業診断・事業計画策定・人事諸制度・人材育成と幅広いコンサルティング・教育研修を実施するなど、中小企業の経営指導活動を九州、福岡を中心に行っている講師がご担当します。
研修費用
オープン23,000 円(税別)/1名
カスタマイズ350,000 円~(税別)
 ※回数券をご利用の方は15,000 円(税別)/1 名に割引いたします。
カリキュラム例
はじめに
・研修の目的と進め方
企業経営の目的と社員の役割
・成長発展を持続する企業活動の因果関係
会計とは
・グループ討議①【バナナのたたき売り】
財務諸表の基本理解 ~地図の読み方を知らずに山に登るな~
(1)賃借対照表 
(2)採算をみる眼
(3)キャッシュをみる眼
決算書を読む
・決算書からわかる経営の姿
・グループ討議②【自社の決算書を読んでみる】
 演習討議⇒まとめ⇒発表
まとめ
このセミナーにご質問のある方は
下記ボタンよりお問い合わせください。
問い合わせをする